映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2017/03 | 05
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    猟奇的な彼女
    数年前に観たときの第一印象はあまりいいものではありませんでした。「そこまで許したらあかんやろ!」みたいな感じで。でも久しぶりに観てみると、やっぱり面白いです。原作はキム・ホシクが韓国のパソコン通信「ナウヌリ」の掲示板に「キョヌ74」という名で書き込み大人気になったもので、半分は作者の体験談だそうです。何か日本で今大ヒットしている「電車男」に似ていなくもないような。「キョヌ」とは牽牛のことです。

    カワイイ顔して酒癖が悪く、言うことやることがとにかく過激で凶暴、果てしなくわがままで自己中の"彼女"と、そんな"彼女"に振り回されるちょっと頼りなくてどんくさい純情青年キョヌのコンビがとにかく笑わせてくれます。凶暴なのは酔った時だけかと思っていたら、しらふでも同じで、ちょっと気に入らないと「ぶっ殺されたい?」と言っていきなり殴り始めます。もしこれでカワイクなかったら絶対逆にぶっ殺されてるな・・・。キョヌもよく我慢してるなと呆れかえります。でも話が進むにつれて、"彼女"が背負っているらしい悲しい過去と純情な一面が明らかになり、キョヌはそんな"彼女"を愛しく想いはじめ、"彼女"を癒してやるためにどんなわがままでも聞いてやります。女性に圧倒的に支持されるのも納得ですが、この映画をきっかけに女性が男性を殴るシーンが街に増えたように思うのですが、気のせいかな・・・? 女性は男性に甘えるもの、男性は女性のわがままを聞いてやるもの、というのが韓国の一般的な意識なのかも。

    終わってみてからなるほどと気が付くのですが、結末につながる伏線が物語の最初からいくつも張られていました。「ごめん」と素直にいえない"彼女"の性格は次の映画への伏線かも。ほかにも監督の遊び心がいくつもあって、ラブホの主人が写真に写っている五つ子で、受付の人と部屋に名前を聞きにきた人は別人という設定になってます。何で服着替えてくるんだろうと不思議でした。ほかにも同じ人が留置場の中の親分になっていたり駅長になっていたりしてます。脱走兵の持つ銃が途中から米軍制式銃のM-16に変わってます。M-16は上の部分に取っ手(?)が付いているので直ぐわかります。屋台にいるキョヌの横で監督が酒飲んでたりします。待ち合わせの木の下に何度も何度も来て"彼女"を待つうちに、"彼女"がやっと来たときにはキョヌはおじいさんになっていた・・・と思わせといて実はただのおじいさんだった・・・と思っていたら、あのおじいさんは未来人のキョヌだって!・・・どおりでやたらと事情に詳しいわけだ。タイムカプセルにカエルを入れたのもこのおじいさんの悪戯だったのかも。その未来人のキョヌは、"彼女"が木にもたれて手紙を読んでいる時に現れたUFOに乗って未来へ帰って行きます。そういえば、"彼女"が「UFOは未来人の乗ってくるタイムマシンだ」と言ってました。"彼女"がコーラにこだわるのは「イルマーレ」(2000年)つながりでしょうか。「ラブストーリー」(2003年)でも使われている「カノン」がこの映画でも効果的に使われています。名曲の中の名曲だと思います。チョン・ジヒョンのダンス・シーンが魅力的ですが、韓国のCMで披露しているダンスも見てみたいです。

    2001年韓国
    監督:クァク・ジェヨン
    出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

    猟
奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

    猟奇的な彼女

    猟奇的な彼女―完全対訳シナリオブック

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。


    【2005/07/21 02:37】 韓国映画 | TRACKBACK(2) | COMMENT(5)

    海猿 ドラマ編
    仙崎は仕事でも恋愛でもかなり苦戦を強いられています。仕事のことで落ち込んで、環菜ちゃんに慰めてもらおうと思って携帯メールについ別れ話を書いたのに、環菜ちゃんにとってはこれ幸いと、ただの友達にリセットされてしまいます。潜水トレーニングでは、池澤のしごきに耐えかねて緊急浮上してしまい、潜水病になってしまうという、ふんだりけったりの状態でもがいています。水中で空気が無くなったら誰だってパニックになると思うのですが、パニック状態でもなお、浮上する時には空気を吐き続け、一定深度に一定時間留まって減圧するということを無意識に実行できるまでにはどれほどの訓練が必要なのでしょうか。たまにファン・ダイブしているぐらいでは到底無理のような気がします。あと5メートルほどで海面に出られる!と安心した途端に肺が破裂してしまったなんて、考えるだけでぞっとします。そもそもディープ潜水なんて絶対やりたくありませんけど。日々仕事でトレーニングでディープ潜水しなければならないし、休みの日でも緊急出航で呼び出し食らうし、密航船からいきなり発砲されたりするし、ほんとに過酷ですねぇ。重い過去を背負っていそうな池澤が、奥さんにはマーくんと呼ばれているのがおかしかったです。

    WENGER「海猿」使用モデル

    海猿 全12巻


    公式サイト

    海上保安庁Webサイト

    映画「海猿」公式サイト

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。


    【2005/07/20 02:45】 邦画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    僕の彼女を紹介します
    "猟奇的な彼女"が警察官になったら、というような設定ですが、真っ直ぐな正義感と純情な可愛らしさははるかにパワーアップしていて、チョン・ジヒョンてこんなに演技派だったっけ?と思うほど彼女の演技が素晴らしく、一押しのラブストーリーの一つであると自信を持って言えます。予備知識なしで観ていたらジョン・ウー監督?と勘違いしていたかもしれません。見所は随所にあるのですが、特にギョンジン(チョン・ジヒョン)がミョンウ(チャン・ヒョク)に心肺蘇生を施すシーンが強烈に印象に残りました。気道を確保できるように仰向けに寝かせ、呼びかけと頚動脈と鼓動の確認後直ちに心配蘇生を始めるまでが流れるようにスムーズで、鼻をつまんで呼気を2回送ってから心臓マッサージに移り、胸の真ん中に両手の付け根を置いて肘を曲げないように垂直に圧迫している点など、マニュアル通りの目を見張るような見事な手順で、ものすごく感動的な場面なのに、1回目見たときはそのことばかりに目がいってました。警察官なので心肺蘇生法は身に付けていて然るべきという監督のこだわりなのかもしれませんが、テレビや映画でも間違ったやり方をしていることが多いので、チョン・ジヒョンの熱演と心肺蘇生法の両方に感激して、しかもバックに流れるXJapanの「Tears」がまた素晴らしく盛り上げてくれて、この部分だけは巻き戻しながら10回ぐらい観ましたね。(^^;)

    誰よりも激しい正義感と誰よりも激しい純情な心を持つ熱血巡査のヨ・ギョンジンが引ったくり犯人だと決め込んで捕まえたのは、犯人を追いかけていた善良な市民コ・ミョンウだった。しかしギョンジンの辞書には「ごめん」という言葉がないらしい。。そんな2人がある夜、青少年の非行防止のためのパトロールを一緒にやる羽目になる。思い込みの激しいギョンジンは、途中で見かけた男を麻薬の売人と決め付け、嫌がるミョンウを連れて追いかけ始めるが・・・。

    銃撃戦になったところで、ギョンジンがリボルバーを10発連続でぶっ放すシーンは、「あれ?っ?」と思いましたね。10発も装填できるリボルバーってあったかなぁ? これじゃまるで映画じゃん・・・映画だった。。でも韓国の警察って、一般市民がいても平気で銃を撃ちまくるなんて危ないです。雨の中のダンス・シーンも良かったですねぇ。警察官の制服にこだわり過ぎという感じがしないでもありませんが。風と風車を使った演出も素敵でした。ギョンジンの語る小指の物語もロマンティックでしたけど、十字軍の遠征はいずれも2?3年で帰って来るのに、一人だけ何故10年もかかったのかな・・・? これがラスト・シーン?と思わせといて、そこからまた何度も続きがあって、引っ張りすぎじゃないかとも思いましたが、チョン・ジヒョンの清々しくさっぱりとした魅力が全開で、また何度でも観たくなりそうです。チョン・ジヒョンは韓国では人気度No.1のカリスマ的モデルであり、まだ学生でもあるそうです。この次の映画もすごく楽しみです。

    2004年韓国
    監督:クァク・ジェヨン
    出演:チョン・ジヒョン(ヨ・ギョンジン)、チャン・ヒョク(コ・ミョンウ)

    僕の

彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉

    僕の

彼女を紹介しますOFFICIAL PHOTO BOOK

    僕の

彼女を紹介します

    猟

奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版


    公式サイト

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。

    USJ-WTWSS2005-4

    【2005/07/17 21:57】 韓国映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    トゥー・ブラザーズ
    「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のジャン・ジャック・アノー監督作品ということで観てみたのですが、さすがに名匠と言われるだけのことはありますねぇ! 演出も脚本もカメラも編集も音楽もすべて素晴らしいです。何より虎たちの演技が素晴らしかったですね。セリフもないのにそのくるくると変わる可愛らしい表情と演技は、他の役者たちを食ってました。いったいどうやって台本読んだのでしょうねぇ・・・読めないか。。いったいどうやって虎たちにあんなに素敵な演技をさせたのでしょうねぇ。。ほんとに自然や動物の撮り方が上手いです!こうなると「子熊物語」も是非観てみたくなりました。

    1920年代のカンボジア。ジャングルの奥地のアンコールの寺院跡でかわいい双子の虎、クマルとサンガが生まれる。両親と共に仲良く平和な日々を送っていたが、ある日遺跡の盗掘にやってきた探検家のエイダンに父虎が殺され、2匹は離れ離れになる。活発だったクマルはサーカス団に売られ、調教されて従順になっていく。一方サンガは行政官の息子ラウールに引き取られて仲良くなっていくが、飼い犬を噛み殺したことから知事のところへ献上される。知事はサンガを果し合い用の獰猛な虎に調教し、サーカス団からラウルも買い取って、園遊会の見世物として2匹を決闘させる。仕方なく決闘を始めた2匹だが、やがてお互いが別れた兄弟であることに気付き、揃って知事の屋敷を逃げ出す・・・。

    撮影には赤ん坊の虎18頭を含めて30頭の虎が集められ、「子熊物語」でも活躍した、野生動物の専門家であり世界的に名高い動物トレーナーのティエリー・ル・ポルティエ氏の協力の下、状況に応じてそれぞれ個性的な虎を使い分けながら、ひたすら辛抱強い撮影を続けて数々の名シーンが生まれたそうです。植民地時代に人間が行っていた略奪や破壊、動物の虐殺は凄まじく、20世紀初頭に10万頭以上いた虎は、今では6千頭にまで激減し、カスピトラやジャワトラ等いくつかの種は絶滅してしまったそうです。今でこそ遺跡も虎も政府によって保護されていますが、絶滅したものはもう二度と元には戻りません。今まで人間がやってきた蛮行に対する警告や自然保護のメッセージも含まれているようです。

    追っ手のエイダンたちによって放たれた火に囲まれているところで、サーカス団に入ってから引っ込み思案になっていたクマルがまず火をくぐって見せて、尻込みしているサンガを促すシーンがいいですね。そして2匹がラウールとエイダンとの別れを惜しむシーンも泣かせます。大きくなりながらも赤ん坊だった頃と変わっていないクマルがかわいいです。2匹は生きていた母虎と再会してジャングルの奥へ帰って行くのですが、願わくばもう人間と出会うことなく無事幸せに生きていって欲しいです。

    2004年仏・英
    監督・共同脚本・製作・原作:ジャン・ジャック・アノー
    製作:ジェイク・エバーツ
    脚本:アラン・ゴダール
    音楽:スティーヴン・ウォーベック
    撮影監督:ジャン・マリー・ドルージュ
    編集:ノエル・ボワッソン
    出演:ガイ・ピアーズ(エイダン・マクロリー)、ジャン・クロード・ドレフュス(行政長官ユージン・ノルマンダン)、フィリピーヌ・ルロワ・ボリュー(マチルダ・ノルマンダン)、フレディ・ハイモア(ラウール)、マイ・アン・レー(ナイ・レア)

    トゥ
ー・ブラザーズ コレクターズ・エディション

    子熊物語


    公式サイト

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。

    カリスマパティシエ234x60

    【2005/07/17 01:10】 フランス映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)

    ゴースト ニューヨークの幻
    デミ・ムーアがむちゃ若くてかわいいですねぇ?! 初めてデミ・ムーアを知ったのもこの映画だったと思います。今はもうすっかり骨太の女性になっていますけど、この頃は守ってあげたくなるか弱い女性だったんですねぇ・・・。ラスト・シーンに泣いてしまったことを憶えています。大ヒットしたテーマソングも、忘れることのないラブソングの定番です。善いことをして死んだ人は、天から光が舞い降りてきて天国に行けるけど、悪いことをして死ぬと、悪魔がやって来て地獄に連れて行かれるという漫画のような設定ですが、キリスト教の国らしい映画だと思います。この映画でアカデミー助演女優賞を獲ったウーピー・ゴールドバーグの好演が光っていて、悲しいストーリーなのにギャグ満載のコメディ映画のようなラブ・ファンタジーです。地下鉄の地縛霊に特訓してもらうシーンもおかしかったです。この男(幽霊?)は何処にも行かずにず?っと地下鉄の中にいるのでしょうかねぇ?

    愛し合う二人、サム(パトリック・スウェイジ)とモリー(デミ・ムーア)は、素敵なアパートを見つけて一緒に暮らし始める。サムはついにモリーにプロポーズし、幸せの絶頂だった。ところがその夜、暴漢に襲われてサムは死んでしまう。幽霊になってしまったサムは、自分を殺した犯人が愛するモリーを付け狙っているのを知り、霊媒師オダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)に協力してもらってモリーにそのことを伝えようとするが、モリーはいかがわしい霊媒師のオダ・メイを信用せず、サムの親友のカールに相談する。しかしカールこそが真犯人であり、カールはモリーまで手にかけようとする。サムは必死になってモリーを説得するが、危険が直ぐそこまで迫っているのに、モリーにはなかなか信じてもらえない・・・。

    死んで幽霊になってもなお愛する女性を守ろうとするサムの姿に感動です。特撮の部分は流石に古さを感じますが、デミ・ムーアの悲しみを湛えた表情にはやはり泣かされますね。この後モリーはサムを忘れて幸せになれたのでしょうか。ちょっと心配です。

    1990年米国
    監督:ジェリー・ザッカー
    出演:デミ・ムーア(モリー)、パトリック・スウェイジ(サム)、オダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)、トニー・ゴールドウィン(カール)

    ゴー
スト ニューヨークの幻

    ゴー
スト ニューヨークの幻


    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。


    【2005/07/16 00:25】 米国映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。