映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    キューティ・ブロンド
    アメリカ映画らしいハッピー・エンドで、観終わった後は気分爽快!つまずいても落ち込んでも直ぐに立ち直り、前へ前へと突き進むヒロイン、エル(リーズ・ウィザースプーン)の、敵をも味方に変えてしまう圧倒的なエネルギーは、画面の前で観ている者さえハッピーにしてしまうほどパワフルです。興行収入はまさかの1億ドルに迫り、リーズのギャラも跳ね上がって100万ドルを越えたそうです。とにかく持てる力を出し尽くして一生懸命頑張れば必ず報われる、そんなエルのメッセージが聞こえてくるようです。

    欧米では、「ブロンド娘はおつむが軽い」という偏見が何故かあるそうです。リーズは天然のブロンドですが、髪をブルネット(黒みがかった茶色の髪)からブロンドに染めて成功した女性は数多くいます。マリリン・モンローのブロンドが染めていたとは初めて知りました。ジェーン・フォンダやマドンナ、ヒラリー・クリントンも染めているそうです。ファラ・フォーセットやドリュー・バリモア、ブリトニー・スピアーズなどは天然ブロンドだから成功できたのだとか。一方、議員の妻にはケネディ夫人だったジャクリーンのようなブルネットというのが今でも多数派を占めるそうです。・・・どっちでもいいような気がしますが。この映画のヒロイン、エルは、ブロンドであることを理由に恋人のワーナー(マシュー・デイビス)にあっさり振られてしまいます。でもここからがエルの本領発揮。ワーナーと同じハーバード・ロー・スクールに入るために猛勉強し、見事合格します。ところが、東海岸のロー・スクールにはやはり同じような閉鎖的・排他的な風潮があり、西海岸からきた自由の象徴のようなエルは陰湿な差別やいじめに遭うのですが、このことが逆にエルの潜在パワーを臨界点にもっていきます。殺人事件の弁護を務めた法廷で、ファッション命の者にしかわからないひらめきで、鋭い切れの良さと突っ込みを見せ、真犯人の証言の矛盾をついて逆転勝訴したシーンは鳥肌立っちゃいました。ハッピー&ハッピーな結末もとても素敵です。落ち込んでいるときに観たい映画のトップ5には必ず入りますね。ファッションのことは良くわかりませんが、エルのピンク尽くしのファッションは向こうでは普通なのでしょうかねぇ・・・。エルが弁護したデルタ・ヌゥ(エルが会長を務める社交クラブ)の先輩ブルックを演じたアリ・ラーターが、リーズと1ヶ月違いの同い年とは驚きです。「ファイナル・ディスティネーション」にも出ていた美人です。

    2001年米国
    監督:ロバート・ルケティック
    出演:リーズ・ウィザースプーン(エル・ウッズ)、ルーク・ウィルソン(エメット)、アリ・ラーター(ブルック)、セルマ・ブレア(ヴィヴィアン)、マシュー・デイビス(ワーナー)、ヴィクター・ガーバー(キャラハン教授)、ジェニファー・クーリッジ(ポーレット)、ホーランド・テイラー(ストロムウェル教授)、ラクウェル・ウェルチ(ヴァンダーマーク夫人)

    公式サイト

    キューティ・ブロンド〈特別編〉


    ファイナル・デスティネーション 特別版


    人気blogランキングへ←クリックしてもらえると、励み になります。
    スポンサーサイト

    【2005/06/29 03:13】 米国映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。