映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    海猿
    海上保安庁の中で、わずか1%の者しか到達できないと言われる海難救助のエキスパート"潜水士"の活躍を描いた佐藤秀峰原作の海洋ヒューマン・ドラマ「海猿」を映画化。これは原作の始まりの部分、訓練学校でのエピソードを切り取ったものです。潜水士の仕事は、ちょっとダイビングを楽しむというようなものとは別世界の、人の死、自分の死と常に向き合う厳しい任務の連続で、任務の大半を占める引き揚げ作業の中でも、"揚収"と呼ばれる遺体の回収作業は相当な覚悟がないと務まらないと思います。こんな過酷な仕事を選択する多くの若者達がいることに、日本もまだまだ捨てたもんじゃないなというのが第一印象です。

    海上保安庁の全面協力で、本物の艦船を使ったオープニングが、勇壮な音楽と合わせて素晴らしいものでした。「踊る」のスタッフが集まって作っただけあって、テンポもよく後味のいい素敵なアクション・エンターテイメントに仕上がっていると思います。潜水士という職業柄、訓練生達もセミヌードになるシーンが多いのですが、皆筋骨隆々でよく集めたなという感じです。伊藤英明と加藤あいちゃんの組み合わせは、青春真っ只中のとてもさわやかな印象が良かったと思います。殺されてしまう伊藤淳史クンはちょっとかわいそうです。(原作では死なない) プロライフセーバーの飯沼誠司も出ていたのですが、セリフが少ないとぼやい ていたそうです。艦船のデッキから陸の女の子に向かってお尻を見せるシーンがあるのですが、実際の訓練生達もやっているのでしょうか・・・? 意外とそれも登竜門のひとつなのかも・・・。ちょっと厳しい編集長役で渡辺典子ちゃんが出ていました。スクリーン・デビューは「伊賀忍法帖」で、真田広之との長?いキスシーンが話題になりました。今でも業界に染まっていない感じが好きです。鬼の主任教官役の藤竜也ははまり役だったと思います。来月7月5日から「海猿」のドラマが始まるそうです。(もちろんフジテレビ) 主演の2人には映画と同じ伊藤英明と加藤あい。そして来年には「海猿2」が公開されます。今から楽しみです。

    2004年フジテレビ、ROBOT、東宝
    監督:羽住英一郎
    原作:佐藤秀峰 (「ブラックジャックによろしく」)
    原案・取材:小森陽一
    出演:伊藤英明(仙崎大輔)、加藤あい(伊沢環菜)、藤竜也(源太郎)、海東健(三島優二)、工藤始(伊藤淳史)、香里菜(松原エリカ)、飯沼誠司(林光平)、田中哲司(板東茂)、中根徹(大友信士)、渡辺典子(園部美由紀)、朝加真由美(伊沢歌子)

    海
猿 スタンダード・エディション

    海猿 (1)


    公式サイト

    海上保安庁Webサイト

    人気blogランキングへ←クリックしてもらえると、励みになります。
    スポンサーサイト

    【2005/06/26 19:26】 邦画 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2)

    この記事に対するコメント
    コパさんへ
    コメントをありがとうございます。私は去年映画を観た後に原作を読みました。重いテーマが続くのですが、かなり読み応えのある内容です。
    【2005/06/27 00:32】 URL | よしえもん #-[ 編集]

    はじめましてコパといいます。
    私も海猿みました。あまり邦画は見ないのですが、久々に感動しました。
    原作では、訓練学校のエピソードの部分だけなんですね~。では次回作2はその先からなのかな??漫画読みたくなりました。古本屋で探してみます。
    私も映画が好きなのでたまによらせていただきます。トラバも入れさせていただきます。
    【2005/06/26 23:11】 URL | こぱ #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    ターミナル:海猿:悲劇:お得情報

    「ターミナル」見ました。噂にはなっていたみたいだけどやってみました。金曜日からT コパろぐ【2005/06/26 23:12】

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。