映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    05 | 2017/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    オールド・ボーイ
    土屋ガロン(狩麻撫礼)の異色漫画を「JSA」「復讐者に憐れみを」のパク・チャヌク監督が映画化したものです。その衝撃の結末にはただ絶句するしかあり ませんでした。そしてこれほど手の込んだ復讐に没頭するウジンの狂気には背筋が寒くなります。厳重な緘口令が敷かれ、スタッフの契約書にも守秘義務と 違約金条項が記載されているほどなので伏せますけど、「お前、逆恨みにも程があるだろ!」と言いたくなります。今までの復讐劇にはないストーリー展開とス タイリッシュな映像で韓国の最優秀賞とカンヌのグランプリを獲ったそうですが、この横溝正史的な内容をそこまで評価していいものかと思いますね。

    中年サラリーマンのオ・デス(チェ・ミンシク)はある日いきなり何者かに拉致され理由も知らされずに監禁されます。いつ終わるのかもわからない監禁生活は1 5年にも及び、最初は怒り、泣き叫び、だんだん発狂しそうになり、次第に無気力になり、やがて復讐を誓って自らを鼓舞し、鍛錬に打ち込むようになります。 こっそりと少しずつ開けていた脱出口がもう少しで完成という時にいきなり外に放免され、たまたま知り合った女性ミド(カン・ヘジョン)の協力を得て、自分をこ んな目に合わせた相手を探し始めます。ギョーザの味から閉じ込められていた場所を辿ろうと街中のギョーザ店を食べ歩くのが笑わせてくれます。やっと探し当 てた監禁マンション(そんなものが実際あるのかも・・・)での長回しの大乱闘でミンシクがかなりシャープな動きで頑張っていました。金槌を使ったアクションシー ンが何故か新鮮でした。ミンシクは相当絞り込んでトレーニングしたそうです。意外にも犯人ウジン(ユ・ジテ)はオ・デスの前に直ぐに姿を現わすのですが、「俺 を殺してしまったんじゃ、監禁された理由がわからないだろう?お前が忘れているその理由を思い出せ。」と言う。ここがこの映画のポイントですね。オ・デスも観 客にもわからないまま、ついにたどり着いたのは予想不可能の結末で、オ・デスをあえて生かしたのが、ウジンの歪んだ怨恨の大きさを物語っています。「狂って いやがる!」これが第一印象です。カンヌでタランティーノ監督が絶賛したそうですが、こんな凄まじい狂気を映像にしてしまうパク・チャヌクは一体・・・???

    チェ・ミンシクのいぶし銀の演技が光っています。ウジンはどう見てもオ・デスの2級下には見えませんが・・・。Dr.ホプキンスというのが出てきてもしやと思ったの ですが、やはりレクター博士へのオマージュのようです。

    2004年韓国
    監督:パク・チャヌク
    出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン

    オー
ルドボーイ―ルーズ戦記 (1)

    オールド・ボーイ プレミアム・エディション

    韓国映画俳優事典


    公式サイト

    人気blogランキングへ←クリックしてもらえると、励み になります。
    スポンサーサイト

    【2005/06/22 21:38】 韓国映画 | TRACKBACK(1) | COMMENT(4)

    この記事に対するコメント
    さるおさんへ
    私は王将のギョーザを20皿食べてタダにしてもらったことがありますが、それから半年ほどはギョーザを見るのも嫌になりました・・・。(^^;)
    【2005/06/30 19:20】 URL | よしえもん #-[ 編集]

    さるおです。
    韓国でも日本でもどこでも、「ソフト監禁屋」だったらありかも。それなりにアベレージの生活水準で、毎日ギョウザ攻めみたいなこともなく、ただここから出ないでくださいね、みたいな。
    【2005/06/30 10:46】 URL | さるお #7SMSw2C6[ 編集]

    猫姫さんへ
    ですよねぇ~! 韓国映画は、いくつかはものすっごく気に入っているんですが、これは×の方に入れてやります。(^^)
    【2005/06/30 01:20】 URL | よしえもん #-[ 編集]

    こんばんは!echo&コメまでありがとうございました!
    映画の出来としては、良いと思いました。役者さんもね。
    でもでも、、最初の、コメディータッチのままなら、よかったかも知れないケド、
    あそこまでやられては、、、あたしは、いまいちでした。
    【2005/06/30 00:48】 URL | 猫姫 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    オールド・ボーイ

    「オールド・ボーイ」★★★★(盛岡フォーラム3) 2003年 いつか深夜特急に乗って【2005/06/23 19:21】

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。