映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    インファナル・アフェア? 無間序曲
    2003年香港 監督:アンドリュー・ラウ キャスト:ショーン・ユー、エディソン・チャン、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、フランシス・ン、カリーナ・ラウ

    「インファナル・アフェア」から時間を過去にさかのぼり、ヤン(トニー・レオン、ショーン・ユー)とラウ(アンディ・ラウ、エディソン・チャン)の二人がどのような経緯で"潜入"になっていったかを描いています。複雑な事の成り行きに葛藤し続けるヤンとラウだけでなく、ウォン警部やサムもまた重い十字架を背負い続けてきたことがわかります。

    サム(エリック・ツァン)の妻マリー(カリーナ・ラウ)が夫の出世をただひたすら願ったことから全てが始まったとは、まさに恐ろしきは女の情念なりか・・・。サムの手下として常に身近に接しながら密かにに想いを募らせていたマリー(カリーナ・ラウ)に請われるままに香港マフィアの大ボス、クワンを殺したラウでしたが、結局想いは届かずただ利用されただけ。一方自分の血を呪い、警察官になりたいと願いながら、その血のために警察学校を追われ、警察官になりたければ"潜入"になれと持ちかけられたヤンもまたウォン警部(アンソニー・ウォン)にうまく利用されてしまいます。ウォン警部は治安の維持を大義名分に、クワン殺害をマリーにそそのかし、サムやヤンを利用して挙句にクワンの後を継いだハウ(フランシス・ン)を殺してしまうという、やってることはマフィアと変わらないんじゃないかと思えます。?でウォンとサムが意味ありげに視線を絡めた背景にはそのような過去があったのだとここで気付きました。組織の中でのし上がっていくために悪に染まっていきながら、もう少し頑張れば晴れて警察官になれるのだと自分を慰めるヤン。しかし目の前でウォンに兄ハウを殺され葛藤はますます複雑に。反対にラウは組織からの情報のおかげで順調に昇進しながら、これも悪くないなと思い始め、その地位を守るために地獄への階段を降り始める・・・。

    複雑ですねぇ・・・。香港警察も香港マフィアも実際にこんなことやってるのかと疑いなくなります。誰が"潜入"なのかと疑心暗鬼にあふれかえり、怪しいと疑われたらいつ殺されるかわからないというのでは、仕事どころじゃないと思いますが。物語の中心になっているのはやはり組織と警察の間で苦しみぬくヤンですね。その内面の苦悩を滲ませたトニー・レオンの演技は見事でした。最後で、調書をとられていた酔っ払いは小説家のマリーでしょうか?名前にこだわっているあたり、ラウの偏執的な性格が窺えるようです。その後ラウはどうなるのか、?を観るのが楽しみです。


    公式サイト




    人気blogランキングへ←クリックしてもらえると、励みになります。
    スポンサーサイト

    【2005/06/18 04:04】 香港映画 | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    インファナル・アフェアII 無間序曲

    「インファナル・アフェアII 無間序曲」★★★★★(DVD) いつか深夜特急に乗って【2005/07/11 20:53】

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。