映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2017/03 | 05
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    シルミド
    2003年韓国 監督:カン・ウソク キャスト:ソル・ギョング、チェ・ジェヒョン、アン・ソンギ、ホ・ジュノ


    1971年に実際に起きた事件で、その衝撃的な内容から30年以上に渡って政府によって歴史の闇の中に隠蔽されてきた実尾島(シルミド)事件を、様々な妨害や脅迫を受けながらカン・ウソク監督がついに映画化したもので、公開2ヶ月で1000万人以上の観客を動員し、韓国では3人に一人以上が観たと言われています。


    1968年1月に起きた北朝鮮特殊部隊による韓国大統領府襲撃未遂事件への報復として、同年4月韓国政府は仁川沖にある実尾島に死刑囚31人を極秘に集めて金日成暗殺部隊(年月から684部隊と名付けられる)を結成します。過酷を極めた訓練に脱落者が続出しますが、最初こそ喧嘩に明け暮れていた隊員達の結束は次第に強固なものになり、1年が過ぎる頃には優秀な特殊工作部隊になっていました。暗殺が成功すれば地位と身分と高額な報酬が与えられるという約束を信じて、待ちに待った作戦決行に鬨の声を上げるのですが、政府の対北政策の転換で急遽取りやめになり、南北融和の邪魔になると考えた政府は684部隊全員の暗殺を命令します。しかし3年に渡って鍛え上げられ団結した684部隊は暗殺実行部隊を制圧し、バスをジャックして自分達の抹殺を決定した真意を問うために政府に迫ります。結局政府軍の物量の前にはなすすべもなく、乗客たちを降ろして684部隊は自決します。そこにはシルミドに連れて行かれた頃の惨めさはなく、人としての誇りを取り戻し、友情を知った者たちの安らかな顔がありました。


    「ユリョン」という映画でも、死刑囚達を工作員として潜水艦に乗せ、日本に核弾頭を打ち込むというような内容だったと思います。実際に死刑囚をつかってそのような作戦が北や南で行われてきたのかもしれません。使い捨ての兵器みたいに簡単に捨ててしまうという発想は狂っているとしか思えませんが、南北緊張の中では容認されてきたのでしょうか。北のやっていることはそれ以上に信じられないことが多いし、いったいどうなってしまったんだという思いですが、知らぬは日本人ばかりなのかもしれませんね。隊員たちが歌っていた歌のメロディーの一つは「蛍の光」でしたね。原曲はスコットランド民謡の「Auld Lang Syne」(Old Long Since=昔むかし)で、有名な詩人のロバート・バーンズによってつけられた詩は今とは全く異なるものでした。日本に紹介されたこの曲は稲垣千頴(いながき ちかい)によって今の詩がつけられたのです。日本の軍国主義時代にこの曲は朝鮮半島や中国・台湾にも紹介され、またもや全く別の詩がつけられました。朝鮮半島では日本の侵略に対する抵抗運動において「わが大韓万歳!」という愛国歌として歌われ、いまでも映画の中で日韓の過
    去を象徴するようなシーンで使われているそうです。




    公式ホームページ




    人気blogランキングへ←クリックしてもらえると、励みになります。
    スポンサーサイト

    【2005/06/06 00:58】 韓国映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    この記事に対するコメント
    確かに涼しそうです。プロフィールのところの
    涼しげなきれいな女性はよしえもんさん本人
    ですか??
    【2005/06/18 01:10】 URL | tomy #-[ 編集]

    tomyさんへ。
    こちらこそお久しぶりです。もう夏なので、涼しそうな色にしてみました。(^_^)
    【2005/06/18 00:18】 URL | よしえもん #-[ 編集]

    お久しぶりです。そうです正解!「えんけん」
    でした!似てますよね(笑)かなりいろんな
    感想書かれてますね~。また遊びに来させて
    もらいます。実はちょこちょこ現れてますけど

    【2005/06/17 22:37】 URL | tomy #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。