映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2005/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    猟奇的な彼女
    数年前に観たときの第一印象はあまりいいものではありませんでした。「そこまで許したらあかんやろ!」みたいな感じで。でも久しぶりに観てみると、やっぱり面白いです。原作はキム・ホシクが韓国のパソコン通信「ナウヌリ」の掲示板に「キョヌ74」という名で書き込み大人気になったもので、半分は作者の体験談だそうです。何か日本で今大ヒットしている「電車男」に似ていなくもないような。「キョヌ」とは牽牛のことです。

    カワイイ顔して酒癖が悪く、言うことやることがとにかく過激で凶暴、果てしなくわがままで自己中の"彼女"と、そんな"彼女"に振り回されるちょっと頼りなくてどんくさい純情青年キョヌのコンビがとにかく笑わせてくれます。凶暴なのは酔った時だけかと思っていたら、しらふでも同じで、ちょっと気に入らないと「ぶっ殺されたい?」と言っていきなり殴り始めます。もしこれでカワイクなかったら絶対逆にぶっ殺されてるな・・・。キョヌもよく我慢してるなと呆れかえります。でも話が進むにつれて、"彼女"が背負っているらしい悲しい過去と純情な一面が明らかになり、キョヌはそんな"彼女"を愛しく想いはじめ、"彼女"を癒してやるためにどんなわがままでも聞いてやります。女性に圧倒的に支持されるのも納得ですが、この映画をきっかけに女性が男性を殴るシーンが街に増えたように思うのですが、気のせいかな・・・? 女性は男性に甘えるもの、男性は女性のわがままを聞いてやるもの、というのが韓国の一般的な意識なのかも。

    終わってみてからなるほどと気が付くのですが、結末につながる伏線が物語の最初からいくつも張られていました。「ごめん」と素直にいえない"彼女"の性格は次の映画への伏線かも。ほかにも監督の遊び心がいくつもあって、ラブホの主人が写真に写っている五つ子で、受付の人と部屋に名前を聞きにきた人は別人という設定になってます。何で服着替えてくるんだろうと不思議でした。ほかにも同じ人が留置場の中の親分になっていたり駅長になっていたりしてます。脱走兵の持つ銃が途中から米軍制式銃のM-16に変わってます。M-16は上の部分に取っ手(?)が付いているので直ぐわかります。屋台にいるキョヌの横で監督が酒飲んでたりします。待ち合わせの木の下に何度も何度も来て"彼女"を待つうちに、"彼女"がやっと来たときにはキョヌはおじいさんになっていた・・・と思わせといて実はただのおじいさんだった・・・と思っていたら、あのおじいさんは未来人のキョヌだって!・・・どおりでやたらと事情に詳しいわけだ。タイムカプセルにカエルを入れたのもこのおじいさんの悪戯だったのかも。その未来人のキョヌは、"彼女"が木にもたれて手紙を読んでいる時に現れたUFOに乗って未来へ帰って行きます。そういえば、"彼女"が「UFOは未来人の乗ってくるタイムマシンだ」と言ってました。"彼女"がコーラにこだわるのは「イルマーレ」(2000年)つながりでしょうか。「ラブストーリー」(2003年)でも使われている「カノン」がこの映画でも効果的に使われています。名曲の中の名曲だと思います。チョン・ジヒョンのダンス・シーンが魅力的ですが、韓国のCMで披露しているダンスも見てみたいです。

    2001年韓国
    監督:クァク・ジェヨン
    出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

    猟
奇的な彼女 ディレクターズ・カット特別版

    猟奇的な彼女

    猟奇的な彼女―完全対訳シナリオブック

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。


    スポンサーサイト
    【2005/07/21 02:37】 韓国映画 | TRACKBACK(2) | COMMENT(5)

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。