映画大好き!
気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。

PROFILE
よしえもん
  • Author:よしえもん
  • 気軽にコメントを入れてもらえるとうれしいです。
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2005/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • イン・ザ・カット(07/29)
  • アンダーワールド(07/26)
  • コラテラル(07/24)
  • 2046(07/23)
  • 電車男ドラマ編2(07/22)
  • 猟奇的な彼女(07/21)
  • 海猿 ドラマ編(07/20)
  • 僕の彼女を紹介します(07/17)
  • トゥー・ブラザーズ(07/17)
  • ゴースト ニューヨークの幻(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • マルコ(09/14)
  • くる(02/15)
  • moviemania1999(01/06)
  • (11/22)
  • Deanna(09/09)
  • バラージ(08/16)
  • るつぼ(08/10)
  • よしえもん(08/07)
  • よしえもん(08/07)
  • froppy(08/02)


  • RECENT TRACKBACKS
  • みつきの日記:コンフィデンス(10/16)
  • AWAZON:ニライカナイからの手紙のDVD(12/16)
  • 電車男事件:出版権なく出版された電車男(11/24)
  • 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK:【映画】宇宙戦争 トム・クルーズ ダコタ・ファニング 主演(11/02)
  • いつか深夜特急に乗って:初恋のきた道(08/22)
  • 女ざかり映画日記:コラテラル(08/02)
  • Blog・キネマ文化論:電車男 真性のヲタクはあんな美しくない!(07/28)
  • いつか深夜特急に乗って:コラテラル(07/26)
  • いつか深夜特急に乗って:2046(07/26)
  • 猫姫じゃ:コラテラル 今年の35本目 3月6日(07/25)


  • ARCHIVES
  • 2005年07月 (21)
  • 2005年06月 (26)
  • 2005年05月 (17)
  • 2005年04月 (10)


  • CATEGORY
  • 中国映画 (4)
  • 韓国映画 (18)
  • 香港映画 (4)
  • 米国映画 (26)
  • 英国映画 (1)
  • サッカー・ワールド・カップ (1)
  • デンマーク映画 (1)
  • フランス映画 (1)
  • 邦画 (18)
  • 洋画 (0)
  • 未分類 (0)


  • LINKS
  • F 1635019126 jb_link "screenfan
  • 人気blogランキング(映画)
  • 月刊スクリーン 送料無料!
  • 懸賞ポイント ちょびリッチ.com
  • ビジネスに“使える”ブログを開設しよう
  • 誰でも簡単ホームページ作成ツール
  • スピードくじ実施中♪>>わくわくメール
  • まだこれから
  • 下町のコーヒー屋さん
  • 期間限定!天然の甘さへのこだわり伊達の蜜桃
  • 在宅データ入力講座








  • バナー 10000009

    カリスマパティシエ234x60

    USJ-サマー・トワイライト・パス

    click!







    インターネット学習塾 ショウインキッズ

    送料無料!







    click!

    初めてなら銀行

    ウェッブキャッシング・ドットコム



    click!







    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    燃ゆる月 THE LEGEND OF GINGKO
    「シュリ」のカン・ジェギュ・フィルム製作のファンタジー超大作で、同じく「シュリ」のキム・ユンジン主演と聞いて観たのですが、なんだか安っぽい印象を拭えませんでした・・・。冒頭に出てきた天剣の舞台がいかにも張りぼて然としていて、これじゃ「仮面の忍者赤影」と大して変わらないような・・・。それに映像が薄暗い上に、キャラの顔がよく似ているので、途中で何度も繰り返し観て確認し直さないと、誰が誰やらもわかりませんでした。何人か瀕死の重傷を負ったはずなのに、直ぐに起き上がったりというのも如何かと思います。弓の名手のかわいい女の子がいた筈なのに知らぬ間にいなくなってしまって、何でだろう?とぼやいていたら、成長してキム・ユンジンになってました・・・。(w

    霊峰神山(シンサン)の麓に住むメ族とファサン族は、太古の昔より争いを繰り返し、敗れたメ族は神山の呪いをかけられ、荒れ果てた土地へと追いやられて辛酸を舐めていた。メ族の女族長ス(イ・ミスク)は復讐を誓って1000人の血と骨を溶かして作った「天剣」で、神山の呪いを断とうとする。しかし、天剣を完成させるには、メ族とファサン族両方の血を引く者の生贄が必要だった。スはファサンの族長ハン(チョ・ウォニ)を篭絡して女の子ピを産むが、真意に気付いたハンに奪われる。十数年後、メ族に追われて危地に陥っていたところをファサン族の若者達に救われ、ハンはピをファサン族に預けて去る。メ族の襲撃は止まず、神山の怒りがファサン族の村に及ぶに至って、ピは神山の精霊が自分の生贄を望んでいることを悟って、ファサン族と愛するタンのために村を去る決意をするが・・・。

    ファンタジーというよりも、ピ、タン、ジョク、ヨンの4人の男女の愛憎劇ですね。これに何としてもピを奪おうとするスと、それを阻止しようとするハンが絡んできます。最初に出てきた時とその数年後でキャラが入れ替えられているのですが、説明がないので戸惑ってしまいました。ピは最初の頃ジョクと仲良くしていて、ピを慕いながらそれを遠くで見ている三枚目役がタンだったのですが、成長後にはピ(チェ・ジンシル)はタン(キム・ソックン)と愛し合っていて、ジョク(ソル・ギョング)にはもう見向きもしません。しかしジョクはピを諦めきれず、「Lovers」のアンディ・ラウを上回るみっともない横恋慕のために、親友も許婚も仲間もファサン一族も裏切り、破滅に追いやろうとします。もう見ていて最低の下衆の下衆でした。映画の見所は、迫力ある剣戟のシーンと、ヨンが弓を引くシーンですね。少女のヨン(ト・ジヨン)はとてもかわいく、ラストでヨン(キム・ユンジン)がジョクに弓を引くシーンは、「シュリ」のラストを彷彿させます。GINGKOは、イチョウのことです。

    2000年韓国
    製作:カン・ジェギュ
    監督:パク・チェヒョン
    出演:キム・ユンジン(ヨン)、チェ・ジンシル(ピ)、キム・ソックン(タン)、ソル・ギョング(ジョク)、イ・ミスク(ス)、チョ・ウォニ(ハン)、ト・ジヨン(少女ヨン)、チョン・ダビン(少女ピ)、ユ・シヨン(少年タン)、チョン・ソンフン(少年ジョク)

    燃
ゆる月

    シュリ


    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。


    スポンサーサイト
    【2005/07/14 22:51】 韓国映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    オペラ座の怪人
    まさに豪華絢爛! その一言ですね。フルオーケストラの音楽や、シャンデリア、舞台セットや衣装などなど、往時のパリ貴族達の贅を尽くした華やかさが伝わってきます。何よりもアンドリュー・ロイド・ウェバーのプロデュースによる歌曲の数々がどれも素晴らしいものばかりです。今までミュージカルと名の付くものは観たことがないのですが、べたで歯の浮くようなセリフも歌にすれば驚くほどスムーズにストレートに心の中に入り込んでくるのが新鮮でした。主演3人の吹替えなしの歌唱力も素晴らしいですね。特に「タイムライン」のジェラルド・バトラーの声がとても渋くてセクシーです。そして舞台出身のヒロイン、エミー・ロッサムも綺麗ないい声しています。声と共にロッサムの胸の谷間に目が釘付けになってました・・・。これで出演当時17歳とは驚きです。映画に比べれば舞台なんて・・・と今まで勝手に思っていたのですが、舞台セットと音楽、キャストの演技と歌唱力だけでこれだけの迫力と感動を味わえるのなら、一度舞台も観に行きたいです。1986年にロンドンで初演されたこの作品は、世界18カ国100都市以上で上演され、延べ観客数は8000万人以上でギネスブック入りは確実だそうです。

    天才的な才能を持ちながら、その生まれつきの容姿のために日の当たるところへ出られず、幽霊として地下に潜む生活を強いられ、ただ一人己の全ての情熱を捧げた女性の愛も得られなかったファントムには同情せざるを得ません。幼なじみのラウルの求愛に応えながらも、ファントムへの想いもなかなか捨てきれないクリスティーヌにはちょっといらいらさせられます。ラウルは普通に嫌な野郎です。もし時代が現在で、今の最新の医療技術があれば、ファントムは成功者の一人として幸せな人生を送れたのでしょうか・・・? もしファントムとクリスティーヌがごく普通の男と女として、ごく普通に出会っていたら、2人は一緒になれたのかなぁ・・・。しかしもしファントムがごく普通の人生を歩んでいたなら、その才能を開花させることもなく、一人の女性を一途に愛することもなかったかもしれません・・・。

    2004年米国
    製作・作曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー
    監督:ジョエル・シューマカー
    出演:ジェラルド・バトラー(ファントム)、エミー・ロッサム(クリスティーヌ)、パトリック・ウィルソン(ラウル)、ミランダ・リチャードソン(マダム・ジリー)、ミニー・ドライバー(カルロッタ)、ジェニファー・エリソン(メグ・ジリー)

    オペラ座の怪人 通常版
    公式サイト

    人気blogランキングへ ←クリックしてもらえると、励みになります。

    ありがとう5周年! 7dream 5th anniversary キャンペーン
    【2005/07/14 00:36】 米国映画 | TRACKBACK(1) | COMMENT(5)

    コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。